はじめ

日本におけるプログラミング教育


2016年4月16日、安倍総理大臣は政府の産業競争力会議で、コンピューターのプログラミング教育を小中学校で必修科目にすると提言しました。

政府は、第4次産業革命が2020年にGDP(国内総生産)を30兆円押し上げると試算していて、これらの内容は、来月に取りまとめるGDP600兆円に向けた成長戦略に盛り込まれます。

プログラミング教育が必修化されることによって、習い事としてプログラミング教室のニーズがさらに高まることが予想されます。

世界で広がるプログラミング教育

アメリカ
  • オバマ大統領が必修化が必要と発言
  • NYで中高20校で試験導入
イギリス
エストニア
日本の小学校に相当する初等教育段階では
日本の中学校に相当する前期中等教育段階では
日本の高校に相当する後期中等教育段階では
多くの国で
特に初等教育段階では、ロボット等の実体物を動かすなど、体験的に論理的な思考力や情報技術に関する理解を深める活動等が行われているが、プログラミング教育は単一の教科とはなっておらず、その体系化や指導者不足などが課題とされている。

拡大が予想される日本のプログラミング教育

  • 日本では中学校の技術科目にて「プログラムによる計測・制御」が必修化され、成長戦略(2016年)では「プログラミング教育を小中学校で必修科目にする」と明言しています。
  • プログラミング教育の実証研究を行う産学官連携プロジェクトを行う地方自治体や、プログラミングの授業をカリキュラムとして組み込む私立小学校も出てきており、今後はより低学年からのIT教育が強化されると予測されます。

関心が高まるプログラミング教育

  • 小学生向けのあるアンケートでは、「今後習わせたい習い事」ランキングで小学校高学年では「パソコン関連(プログラミングなど)」が前年に続きランクイン。
  • 日本におけるプログラミング教育の動向と合わせて、保護者、生徒の関心の高まっています。

習い事にプログラミング教育が注目される

リクルートクリエイティブが実施した「子供に習わせたい習い事ランキング」において、2014年、2015年と2年連続で、『プログラミング教育』が、7位、8位にランクインしています。いま最も注目されている子供たちの習い事で「プログラミング教育」が、加熱している事実をご存知でしょうか?

出典:リクルートクリエイティブ「子供に習わせたい習い事ランキング」(2015年09月25日)

世界的に有名なIT社長はみんなプログラミングができた

彼らはみな自分たちの手でプログラミングをし、世界を変えてしまうほどの製品を作り上げました。

  • Microsoftは、MS-DOS、Windows
  • Appleは、Macintosh、iPhoneとiPad
  • Googleは、検索エンジン
  • Instagramは、写真共有サービス
  • Facebookは、ソーシャルネットワークサービス

彼らはプログラマーになるために、プログラミングの勉強をしたのではありません。自分の創造物を具現化する目的で、プログラミングを道具として使用したのです。

プログラミング教育には、『自分で考える力』『将来への可能性』『適性を見る機会』、これからのIT時代を生き抜く未来の子供たちに必要な教育であるといえるでしょう。

楽しく分かりやすい!Kids School Kamiyabe(キッズ・スクール・カミヤベ)の学習コース

はじめてのプログラミング
(Scratch)


入力はマウス操作が中心なので、パソコン操作が初めてでも大丈夫。オリジナルの物語やゲーム、アニメーションを作り上げる事ができます!

プログラミングドリル
(Scratch)


「はじめてのプログラミング」で習得した機能を使って、さらに色々な作品を作ります。習得した知識の定着や、機能の応用パターンを増やすことで、理解を深めます。

アルゴリズムトレーニング
(Scratch)


日常で使用したり目にする機器/システムなどを再現し、それが動作する仕組みを考えます。本コースは「Scratchを使ってアルゴリズムを考える」コースとなります。

文字ベース
プログラミング言語


詳細は未定ですが、文字ベースのコーディング(HTML・CSSなど)のコースをご用意する予定です。

まずは無料体験から!お気軽にお問合せください

★ プログラミング教育で伸ばす、子ども達の創造力・可能性 ★

Kids School Kamiyabe(キッズ・スクール・カミヤベ)は、
話題のScratch:スクラッチを使った本格的プログラミング教室です。
スクラッチの基本からスタートし、高度なプログラミングが出来るまで指導いたします。

どんな雰囲気なの?僕・私にもできるかな?
など、疑問や不安についてもご相談いただけます。